ネットワークアドベンチャーへ、出かけよう (はじめて学ぶ人のための標準ネットワーク講座 (基礎編))

ネットワークアドベンチャーへ、出かけよう (はじめて学ぶ人のための標準ネットワーク講座 (基礎編))

  • 作者: 宮本久仁男,櫻井敬子
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2004/07/17
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る

 ちょっとした設定方法などは見よう見まねで判るけれども、いわゆる「下回り」についてまったく判っていない私。 ネットワークやOSまわりのプロフェッショナルになりたいという必要性も感じなければ願望もないけど、どんな原理なのかもうちょっとだけ知っておきたい、という感じ。
 そんな私にぴったりの本でした。 人によってはまわりくどいと感じたり、たとえ話が却ってしついこいと感じたりするかもしれませんが、私にはその緩やかさを含めて心地良い本でした。
 wakatonoさん(宮本さん)らの著作。 「自分が今まで学んで来た過程での悪戦苦闘をわかりやすく伝えたかった(要約)」と書かれているとおり、通り一遍の説明ではなく、勘違いしやすいポイント、理解に苦しんだポイントなどが、厚いオブラートにくるまれつつしっかりと押さえてあります。さすが。


 これを読んで何かができるようになったとか、しっかり判った(人に説明できるようになった)とかいうレベルには到底達せられるわけではありませんが、他の本を読むために頭の中に漠然と出来上がっているべき世界観がこの本によって作られたような気がします。 ネットワークまわりを「まったく」わかっていない方、いままで難しい本を読んで挫折した方はさらっと読まれるといいと思います。(ちなみに私は1日10分〜20分くらいをこの本の時間として確保して、1日1章、つまり7日間で読み終えました)


.