*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

<C#>

画像をスクロールバーでスクロールしたり、マウスホイールで回転をして表示<ピクチャボックス上での扱い方。ユーザーコントロール版>


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


「C# にて、ユーザーコントロールを作成する方法」における一連の説明(知恵ノート)において、ここでは、

 

「<C#> 画像をスクロールバーでスクロールしたり、マウスホイールで回転をして表示<ピクチャボックス上での扱い方。ユーザーコントロール版>」

 

について説明します。



 


 

総合の目次


 

本ページを含めた関連事項の総合目次です。
 

C# で、画像をスクロールするユーザーコントロールを作成 <目次>
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n157670

 

 

 

関連サンプル


一連の関連サンプルの中で、特に本サンプルと関連の強いサンプルです。

<関連サンプル1>
「<C#> 画像をスクロールバーでスクロールしたり、マウスホイールで回転をして表示<ユーザーコントロール上での扱い方>」

 

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n186152 

 

<関連サンプル2>
「<C#> 画像をスクロールバーでスクロールしたり、マウスホイールで回転をして表示<ピクチャボックス上での扱い方。ユーザーコントロール版>」

今回のサンプルです。



 

はじめに


ピクチャボックスに画像ファイルを貼り付けます。
また、貼り付けた画像は、スクロールバーでスクロールすることが可能です。

また、貼り付けた画像は、マウスホイールで回転をすることが可能です。

 

 

なお、本プログラムは、「ユーザーコントロール」として作成します。
(ユーザーコントロールの意味を知らない方は、後述しますので、それを読んで下さい)





ユーザーコントロールの意味について


C# では、自分でコントロールを作ることが可能です。
ここで「自分」とは、プログラマーのことです。

すなわち、マイクロソフトの社員ではなくても、Viseal C#でプログラムの作成を行なう一般プログラマー全般のことです。
その一般プログラマーが作るコントロールのことを、「ユーザーコントロール」と呼びます。
すなわち、以下では、そのユーザーコントロールの作成について解説します。



関連サンプルと比べた特徴


一連の関連サンプルでは、ユーザーコントロールの作成方法と、それを利用する方法を紹介しています。
具体的内容は、下記の通りです。

 

 

<関連サンプル1>
「<C#> 画像をスクロールバーでスクロールしたり、マウスホイールで回転をして表示<ユーザーコントロール上での扱い方>」

 

コントロール上での回転の扱い方を説明しています。

 

<関連サンプル2>
「<C#> 画像をスクロールバーでスクロールしたり、マウスホイールで回転をして表示<ピクチャボックス上での扱い方。ユーザーコントロール版>」

ピクチャボックス上での回転の扱い方を説明しています。






サンプルコード


ここで取り上げるサンプルは、なるべく複雑にならない範囲で、ユーザーコントロールを確かめられるものとします。






本サンプの仕様概要


ピクチャボックスに画像を表示します。
また、画像は、スクロールバーでスクロールすることが可能です。
また、貼り付けた画像は、マウスホイールで回転をすることが可能です。

詳しくは、後述します各種のプロジェクト用のページのほうで記述します。



フォームデザイン等の前準備


後述します各種のプロジェクト用ページのほうで記述します。







コード


後述します各種のプロジェクト用ページのほうで記述します。





コードの解説


後述します各種のプロジェクト用ページのほうで記述します。





実行結果


後述します各種のプロジェクト用ページのほうで記述します。





 

本サンプルを成す各種プロジェクト


本サンプルのコード等は、以下の複数のプロジェクトで構成されます。






 

ユーザーコントロールのプロジェクト


ユーザーコントロール自体を作るためのプロジェクトです。

 

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n188179

 

(記述量上限の制限で、別のページに記述しています)

 

テスト用プログラムのプロジェクト


上記で作成したユーザーコントロールを、実際に利用して試して見るプログラムです。

 

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n188180

 

(記述量上限の制限で、別のページに記述しています)








さいごに

 

特にありません。